riri_kawaseの世界。

明日もあなたが幸せでありますように・・・。

※お星さまもコメントも不要の独り言ですm(__)m。

頭が混乱している。

つまり。

酔っているんですね。はい。。

歴女的な記事を書こうかと思って書いていたけど、気づいたら知り合いのお父さんが急死したことを書いていた。

去年の年末に飛び出してきた猫を避けようとして歩道にバイク乗り上げて、胸だかを強くぶつけて亡くなったみたいです。。。

いや、うん。

自宅の目の前の道路でそれやったみたいで、お母さんとそれ見てたその子、叫びながらお父さんの元に向かったとか言ってた。

想像するだけで辛すぎるよね。

悲し過ぎるし。

だから、考えるのやめます。

なんか、ごめんなさいm(__)m。

・・・昨日の油絵の記事は、たくさんの人からコメントをもらえたり、お星さまをもらえてとてもとても嬉しかった。

特に普段あんまりお星さまをくれない人が、大量にお星さまをくれたから、すごく嬉しかった。

自分的に白い絵の具だけで描く風景画に自信がなかった。

いや、あったんですけど、他の方から見てどうなのか想像がつかなくて不安でした。

ブログをやっていて良かったと思いました。

確か今日でブログはじめて8ヶ月目くらいです。

いつもなら、アクセス数がどうとか書いていますが、なんか、そういうのいいや、てなりました。

今ブログ書いているのは、読者登録までして毎日読みに来てくれる人とつながっていたいから書いているんです。

あんまり暗い話しはしたくないけど、昨日みたいに風景画を描いて気持ちがスッキリした後に、自分がいなくなった後のことを考えてしまいます。

今いなくなっても何も後悔しない、みたいな状態になるんだと思います。

うん。暗いのでおしまいにしますm(__)m。

他のブロガーさんの記事を読んでいると、とても為になる記事をみなさん書いていて、自分みたいに世間話している人ってもしかしていないような気がしました。

毎日世間話だし。

毎日独り言だし。

こんなんで大丈夫なんでしょうか?

よくわかんないや。

また、話しは変わるのですが、知り合いから絵を描いてほしいと頼まれたので、描こうかと思ったのですが、なんか、仏像を描いてほしいと言われたので固まりました。。。

仏像?

最近の若い子は仏像の絵を自分の部屋に飾るの?てビックリした私。

いや、私も若いけど、同世代で仏像の絵を飾っている人を見たことなかったからビックリしてしまった。

若いと言えば、自分が二十歳なのが辛い時がよくある。主に職場で。

なんで私が二十歳なんだろう?てなる。

できれば、三十代とか四十代になりたいね。

自分が子ども過ぎて悲しい。

なんか、話しがみえてこないね。

やっぱり酔って書いたらダメでしたm(__)m。

でも、知っていると思いますが、話したいことが溢れてくるんですよね。酔っていると。

友達に彼氏作ったほうが良いよ?てさっき言われた。

私の今の状態は誰かに助けてもらわないとダメだと思わせる何かがあるみたいです。笑

ぜんぜん大丈夫なんですけどね。うん。

とか言いながら、お店に財布とか色々忘れてきただらしない私の独り言でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(__)m。

お星さまとかは、もらえないひどい記事なので遠慮しますm(__)m。

誤字脱字m(__)m。

私を悩ます名画(?)/ただのお絵描き。

f:id:riri_kawase:20180116023933j:plain

昨日お店のラジオを聴いていたら、高校生の頃に片想いしていた人がいまだに夢に現れると話している人がいた。

もう高校を卒業して二十年になるのに、今年も夢に現れてくれたその人は、憧れた当時のままで幸せだと話していました。

きっと脳内で美化されているのかもしれないけど、素敵なお話しだと思いながら聴いていました。

そういうこと、実は私にもあったりします。

私の場合は人ではなくて“絵”だけど。。。

f:id:riri_kawase:20180116024000j:plain

私の実家に昔飾られていた油絵。

それは私の地元(湘南)で画家を目指していた方が描いた小さな風景画。

砂浜から烏帽子岩(えぼしいわ)を眺めたその油絵は、私の実家にあった唯一の絵画だった。

父と離婚した母は、絵から遠ざかるように身辺に絵画を置かなかった。

でも、何度引っ越しても、その油絵だけは必ずそばに置いていた。

家具や電化製品を引っ越しの度にポイポイ捨てるくせに、その油絵だけは捨てないのが不思議だった。

母が子どもの頃に近所に住んでいたお姉さんに描いてもらった油絵は、遠くにちょこっと烏帽子岩が描かれていて、あとは青い海に青い空が広がるだけの殺風景な風景画。

よくみると、空に小さなシルエットがある。

きっとトンビだったのだと思う。

子どもながらに退屈な絵だと思った。

自分なら夕陽が沈む瞬間とか朝陽が昇りだした瞬間とかを鮮やかな色で描きあげるのに、と思ったりした。

今も思うけど、色気もないし、殺風景だし、構図的にもつまらない。

だから、母からその人が画家になることなく結婚して主婦として生活していると聞いた時は「だろうね」て言いそうになった(私、失礼だねm(__)m。)。

そんな何でもない油絵なのに、私が実家を思い出す時や茅ヶ崎のことを考える時に一番最初に思い浮かぶのが、あの油絵だったりする。

全然何でもないのに、ついつい思い出す油絵が、実は私は好きなのかもしれない。

夢にも出てきたことがある。

f:id:riri_kawase:20180116024035j:plain

・・・絵を描くようになって、最初の目標が“あの油絵よりも上手く描くこと”だった。

“あれ以上を基準にしないと画家にはなれない”みたいに思いこんでいた時期もあった。

そう考えだすと、ぜんぜんたいしたことなかったはずのあの油絵が、すごい位置に立ち上がり、まるで名画みたいに私の脳内に浮かび上がる迷惑な存在になってきた。

実物を見ればすぐにたいしたことがないとわかるはずだけど(・・・失礼だねm(__)m)、残念なことに、私は母と絶縁状態で、母が現在どこに住んでいるのかも知らない。

そんなわけで、昨日のラジオの人とは違った意味で現れるあの油絵に、きっとこの先も私は苦しめられそうな感じがします。。。

f:id:riri_kawase:20180116024109j:plain

f:id:riri_kawase:20180116024128j:plain
(フレームつき。)。

今回は思い出しながら白い絵の具のみで描いてみました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(__)m。

またね^^

どうせ月曜日の朝は見る人少ないからやりたい放題書いてみるアタシ。/ただの独り言m(__)m。

ようやく休みだ!

でも、周りは週はじめで訪問者さんはまばら予想という。笑

なんか、月曜日の朝からめちゃくちゃ酔っぱらって電車とか乗っていると、私だけすごい場違いな感じで面白い。笑

みんな難しい顔してる。これから学校や会社なんですね。

みなさん、行ってらっしゃい^^

うん。なんか、朝から楽しくて仕方ないや。

誰かれかまわずハグしてまわりたい。←

アタシが車の免許持ってたら、ぜったい月曜日の朝は飲酒運転してる。←

・・・以前も書いたけど、この時期になると村上春樹さんの『羊をめぐる冒険』が読みたくなる。

f:id:riri_kawase:20180115072107j:plain

きっと冬のお話しが出てくるからだろうけど。

村上春樹さんと言えば、デビュー作の『風の歌を聴け』もよく読み返す。でも、私はめちゃくちゃだらしない性格だから、電車の中で読んでいて、そのまま置きっぱで電車降りちゃうことがやたらたくさんあって、その度に買い直して、また電車の中に置きっぱにしている。

中央線とか小田急線とか都営大江戸線とかに寄付した『風の歌を聴け』。

たぶん、五冊くらい寄付してる。だらしないなアタシ。

村上春樹さんと言えば昔“W村上”と騒がれたらしい村上龍さんの『限りなく透明に近いブルー』もよく読み返す。

f:id:riri_kawase:20180115072127j:plain

やっぱりデビュー作で、これも同じく寄付しまくってる(私、優しいな←)。

村上龍さんの小説を読んでいたら、誰かに高橋源一郎さんの『ジョン・レノン対火星人』をすすめられた。

確か彼女みたいな親友にすすめられたんだ。

親友といえば、付き合う人の世代色の人間になるアタシ。

私の親友は私よりも十以上年上で、聴く音楽とか知らない音楽ばかりだった。

だから、相川七瀬さんとかブリグリブリリアントグリーン)とかJUDY&MARYとかCoccoとかCHARAさんとか聴いては、生まれてくる時代が遅すぎたと悔しくなった。

絶対昭和生まれになりたかったな。。。

f:id:riri_kawase:20180115072156j:plain

でも、こういう無いものねだりはいつの時代にもいるんだと、神聖かまってちゃんが『ロックンロールは鳴り止まないっ』で歌っていた気がする。

昭和時代の人の中には大正生まれに憧れて、大正時代の人は明治生まれに憧れて、明治時代の人は江戸生まれに憧れる。

江戸生まれといえば、一時期私は幕末の志士の方に夢中になっていた時期があった。

お父さんが歴史マニアな影響ですっかり私も歴女になっていた。

特に司馬遼太郎さんとか池波正太郎さんとか子母澤寛さんとか吉川英治さんとか読みまくって、やっぱり電車に寄付しまくった記憶がある。←

司馬遼太郎さんの書く新選組土方歳三さんが素敵すぎて亡くなった時は悲しくなった。

f:id:riri_kawase:20180115072215j:plain

それまで一緒に過ごした人が亡くなるとやっぱり悲しい。


過ごした人が亡くなるといえば『アンネの日記』も読んだあとに悲しい気持ちなった。

ペーター(だっけ?)とアンネのやり取りを日記を通して知るたびにキュンキュンしてた。私も日記を書こうかと思ったし。

でも、私が書いたらキュンキュンというか『不思議の国のアリス鏡の国のアリス)』みたいな奇妙で不気味なお話しになりそう。笑

ティム・バートン監督の映画みたいな世界ね。

シザーハンズ』とか好き。ああいう世界観たまらない。『スリーピー・ホロウ』とか『世にも不幸せな物語』とか好き。

作中に流れる雰囲気からして好き。

f:id:riri_kawase:20180115072236j:plain

雰囲気が好きな作品で『羊たちの沈黙』が好き。異常な世界だけど、流れる雰囲気、空気感は何故か私を懐かしい気持ちにさせる。

私の中で『羊たちの沈黙』は眠る時に見たい作品だったりする。半分現実で半分夢みたいなぼんやりとした気持ちになる。

きっと私だけかもしれないけど。

・・・一度眠って昼からお出かけしよう。

うん。。。そんなわけでこれからハンニバル・レクター博士のおしゃべりを聞きながらおやすみします。。。

f:id:riri_kawase:20180115072305j:plain

最後まで読んでくれた方は少ないと思うけど、ありがとうございましたm(__)m。

またね^^

☆最近のカワセリリ情報!?これさえわかれば君も明日から人気者☆/ただのネタ。

よくよく考えると、私はアイドルでした。


f:id:riri_kawase:20180114002905j:plain
(みち子( ミチコオノ (id:fukaumimixschool)) 画伯による私の似顔絵)。


f:id:riri_kawase:20180114042216j:plain
(みち子画伯と私。笑)。


最近すっかり寒いから忘れている方もいるかもしれませんが、私ははてなブログでアイドル活動をしています☆。


そんなわけでファンサービスとして私の最新情報を書こうと思いました。


みんな、幸せだね?←


去年集めていると書いたドラえもんチョコエッグフィギュアはすでにあきらめました。。。


f:id:riri_kawase:20180114003053j:plain


どうしてもあと一つがそろわないし、もう売っているのをなかなか見かけないから、どうでもよくなりました。←


この前、トイザらスで見かけて買ったけど、やっぱりはずれでした。


一万円以上使ってそろわないとか(こんちくしょう)。。。


それから何故か机の上がぐちゃぐちゃです。


f:id:riri_kawase:20180114003236j:plain


なんでこんなにぐちゃぐちゃなんでしょうか?


誰かアタシの代わりに片付けてくれませんか?ほんと迷惑しています。←

片付けてと言えば、私の心の友(?)ルンバ君がお掃除中に倒れていました。。。


なんか、私がお祭りの時に買ったカブトムシの奥村さん(風船)を巻き込んで残念な感じになっていました。。。


f:id:riri_kawase:20180114003405j:plain


とりあえず、救出活動には成功しましたが、奥村さんが殉職しました。。。

f:id:riri_kawase:20180114003531j:plain
(ほがらかなルンバ君)。

今日はなかなか眠れないから、朝、ちょっと大きい公園に行ってきました。


f:id:riri_kawase:20180114003611j:plain

はい。。。


フツーに迷いました。


公園に地図くらいおきなよ、て思ったけど、家に帰ってから友達に話したら「フツーの公園で迷子になる人なんていないよ?」と言われてしまいました。


いや、うん。。。


あそこは私にとっては樹海レベルの魔境だったのですが、一般的にはフツーの公園らしいです。


ある意味で、私、すごいな。←


夕方、『チャーリーとチョコレート工場』という映画を見ていたら、チョコが食べたくなって、トイザらスに走ってドラえもんチョコエッグ大人買いしました。←


まさかの、結局、チョコエッグ買ってるアタシ。笑


f:id:riri_kawase:20180114003907j:plain


そういえば、私はなんか、勘違いがすごくて昨日まで、はてなブログをやっているある人が、実は女性だと知らなかった。


だから、昨日女性だと知ってビックリした。


というか、よくコメントとかもらっていたのに、私は何を勘違いしていたんでしょうか?


自分でも自分が信じられないよ。


あんまりにも失礼だから、名前、書けないし。←


今、情報としては、今はバイト中で相変わらず呑みながらお仕事をしています。


今夜も夜勤。


明日も夜勤。


月曜日のお休みが待ち遠しい。


そんなわけで相変わらずグダグダな私情報でした。笑


最後までくだらない世間話にお付き合いくださり、ありがとうございましたm(__)m。


またね^^

現実的な妄想と夢みたいな現実。/ただの頭の風邪。

小さい頃から妄想癖があった。

小学校に向かうまでの道のり、ずっと私は別人として、別の時代の別の国の別の性別で、恐ろしい体験や嬉しい体験や悲しい体験をしていた。

歩いて十五分の道のりをそんなふうに歩くアタシは、学校の教室についてから、よく思いました。

あれ? いつの間に着いたの?て。

なんか、起きているのに眠っていたような感覚で、何がなんだかわからなくなりました。

自分が別人になるだけではなく、小さい頃から、架空の妹を作って一緒に遊ぶこともしていました。

“お姉ちゃんになりたい”っていう、強い願望だったのだと思います。

だから、部屋でよくぬいぐるみ遊びを妹としていました。

すごい私には現実的に感じていました。

きっと妄想ばっかりしていたから、脳ミソが風邪をひいて、そういう架空の人物を作るのが得意になっていったのだと思います。

以前も話したのですが、私は母子家庭の一人っ子です。

おまけに私のお母さんは引っ越しが趣味という、ちょっとというか、かなり残念な人だから、友達がなかなかできない環境でした。

なので、一人で小学生の時は、過ごすことが多かったような気がします。

うん。でも、なんか、ずっと誰かとぬいぐるみ遊びを夢中でしていた記憶があるので、きっと妹と一緒にやっていたんです。

実はあんまり覚えていないのです。

小学生の頃って、お母さんに叩かれたり、置き去りにされた記憶が所々であるだけで、記憶が曖昧なんですよね。

みんなそういうものだと思っていたら、そうではないと知りました。

過剰な暴力を受けると、人の脳ミソは自己防衛の為に、記憶を封印するとか妹が以前話していました。

実は、私の妹はけっこう物知りだったりします。

架空のくせに。

f:id:riri_kawase:20180112212929j:plain

中学生になってからは家出を繰り返しながら、相変わらず妄想ばかりを繰り広げました。

本当は外国にいて、幸せな家庭にいるんだと思い込みました。

でも何故か、娘ではなく、父親の立場でした。

私は同い年の奥さんと旧ソ連の田舎町で、日本語を教える仕事をしながら生活していました。

四歳になる娘がいて、休みの日は近くの公園に一緒に遊びに行ったり、家の中で木製の積み木で遊んだりしていました。

理由はわからないのですが、ものすごくリアルな妄想でした。

特にそういう映画や本を読んだ記憶もないので、何かの影響ではないのですが、よく妄想しました。

妄想がそのまま夢に出てくることもあって、さっき夢の中で久しぶりに娘に会いました。

娘は小学四年生になっていて、小さい頃と違って、すごい大きくなっていて、ビックリしました。

それを私が言ったら「どうしたの?」て不思議がっていました。

四歳の記憶のあの子が急に大きくなって現れたから、なんか、すごい衝撃だったんです。

でも、よく考えたら、もう六年くらい経っているんだから、大きくなっていてあたり前でした。

だけど、頭の中の妄想家族が、現実の世界と同じ時間を流れているのが、不思議でした。

これってフツーなんですかね?

フツーとかよくわかんないけど、とにかくビックリしたから、書いてみました 。

今夜も夜勤なのですが、これも妄想で、実は素敵な恋人とゆっくりソファーに座りながら、この記事を書いているんだと、思ったりしましたが、もう、やかましいお店に着いたので、これが現実みたいです。

頑張れアタシ!!

なんか、途中から自分を励ましてた。笑

とりあえず、今夜もテキトーに頑張ります☆。

寒くなってきているので、暖かくして休んでくださいね◎。

最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(__)m。

またね^^

私とおじいちゃんの目標。/おじいちゃんの絵。

こんにちは☆。


昨日、私が勘蔵おじいちゃんに


「おじいちゃんの今年の目標は何?」


て聞いたら


よくわかんないけど、一枚の絵を渡してきました。


f:id:riri_kawase:20180111154215j:plain


タイトルは


『枯れて尚、上を向く』


らしいです。

ちなみに私の目標は“大人な女になる”です。


f:id:riri_kawase:20180111154317j:plain


うん。。。


昨日の記事は読まないでください。


すでに失敗しているのがバレちゃうから。笑


最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(__)m。

またね^^

思い出したくない昨日のアタシ。/ただのアクシデント。

実は昨日は昼過ぎからずっとトリックアートのことを考えていました。

以前描いた時は、直接机に描いてみたので次はどこに描こうかとあれこれ考えました。

f:id:riri_kawase:20180110063954j:plain
(以前描いたトリックアート)。

最初、天井に蝶々を描こうかと思ったんですが、手をのばしても全然届くけはいがないので、今回はあきらめました。

だけど、きっと来年は身長が30㎝くらい伸びている予定だから、天井には来年描くことにしました。

f:id:riri_kawase:20180110064018p:plain
(来年のアタシ)。

そんなわけで天井をあきらめた私は、窓ガラスに蝶々を描くことにしました。

私の計算では窓ガラスに蝶々を描いたら、外を飛んでいるように見えるはずでした。

f:id:riri_kawase:20180110064221j:plain

でも、残念なことに私の部屋の窓ガラスの向こう側は、景色的に隣の建物の壁が近いから全然ダメでした。

だから、窓ガラスを見ながらあれこれ冷静に計算してみました。

f:id:riri_kawase:20180110064241j:plain

それで景色的に一番マシなのは、ルームシェアしているモフルン(友達のあだ名)の部屋の窓ガラスだと気づきました。

そんはわけで仕方ないから、モフルンの部屋の窓ガラスにフツーに描きはじめました。

運よく、モフルンは留守です。

f:id:riri_kawase:20180110064339j:plain
(モフルンのイメージ)。

でも、のんびり描いていたら、途中で帰ってきてしまいました。

モフルンは同じ二十歳のくせに遅れてきた反抗期に悩むめんどくさ・・・むずかしい性格の人だったりします。

「カワセ(私の名前)、何してんの?」

「うん? 絵を描いてるよ^^」

流れ的に考えて、この後の返事は「えっ、本当? 超うれしい。ありがとう^^」になりますよね?

だけど、今さら反抗期のモフルンは「は?何、人の部屋の窓ガラスに描いてんの?それ、おかしいよ?」て、怒りだしました。

正直、聞き間違いか、幻聴だと思いました。←

f:id:riri_kawase:20180110064407j:plain

だから、フツーに聞き流していたんですが、あんまり何度も幻聴が聞こえてきたから、しかたなくあきらめて部屋から出ました。

一応、途中でもかまわないから写真を撮ろうとしたんですが、なんか、部屋に見られたらまずい物でもあるみたいで「私の部屋、勝手に撮らないで!!」て怒鳴られたから、母親になった気持ちで我慢してあげました(私、優しいな)。

だけど、そのムダに時間を潰したことでかなりイライラしました。

夕方から支度して夜勤のバイトに向かわないといけません。

だから、その時、午後の4時くらいだったからけっこう焦りました。

でも、すぐにひらめきました。

そうだ!!身体に描こう、て。

トリックアートというか、ボディペイントをしようと思ったんです。

f:id:riri_kawase:20180110064429j:plain

そんなわけで部屋でお腹に少しだけ描いてみたんですが、全然思った通りに描けなくて、これはダメだな、て思いました。

どうも私の使っている絵の具(ポスターカラー)では色がのらないみたいでした。

ガッカリしてその日はあきらめることにしました。

それでお風呂場で洗い流す為にお風呂場に向かいました。

うん。なんか、途中ですれ違ったモフルンのガッカリしたような視線が辛かったです。

わかりますか?

本当にガッカリしたら、人は相手に何も言いません。

ただ、冷たい視線を投げつけるだけです。

昨日のモフルンのあの視線はまさにそれでした。

向こうはどこかに出かけるような外行きの服装で、私はお腹に蝶々描いてパジャマ姿でおまけにシャボン玉用のストローまで持っています(最近のマイブームはお風呂場でシャボン玉を吹くこと/4月で21歳になる女)。

かなりきつかったです。

いろんな映像が頭の中を流れました。

f:id:riri_kawase:20180110064512j:plain

何か言ってくれるのをすごい期待していたんですが、結局なにも言ってくれませんでした。。。

お風呂場でシャボン玉を吹きながら、どうやったら透明人間になれるのかな?とか現実逃避するのに必死でした。

そんな感じで昨日は休みだったのに、絵を描くことができなかった残念なアタシでした。。。


最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(__)m。

またね^^