riri_kawaseの日記。

明日もあなたが幸せでありますように・・・。

・・・言葉の壁を感じたアタシ。

近所の公園にたまに行く。



アタシが夕方いくと、ゴールデンレトリバー(犬)つれたおじさんによく会う。



そのおじさん、すごい独り言(?)がおおい。



なんか、すごいいっぱいゴールデンに話しかけてる。



『今日はナカヤマさんの家のほうからまわって帰ろうな?うんうん。そうだな・・・そっちでもいいな。じゃあ、そっちから帰ろうか?いや、明日もだから・・・うんうん。そっちからにしような?べつにあっちじゃなくてもいいんだ?明日もあるからな?うんうん・・・』



みたいに、とんでもなく長く、独り言をつづけてるおじさん。



なんか、あんまりにもフツーに独り言でゴールデンと会話しちゃっているから、たまにホントにゴールデンが話しているような勘違いをする。



勘違いていうか、昨日とか、フツーにゴールデンがおじさんに話しかけていたから、すごいビックリした。



信じてもらえないかもしれないけど、あきらかにおじさん以外の人の声がきこえたし。



不思議すぎたからまわりをキョロキョロして見たけど、公園にいるのは、ベンチに座ってお菓子パクパクしてるアタシとゴールデンとおじさんしかいなかった。



一瞬、自分の頭がおかしくなっちゃったのかと心配になった。



でも、すぐに気づいた。

アタシ、猫だけじゃなくて、犬の言葉もわかるようになっちゃったんだ、て。



こういうこと書くと、アタシがヤバい人だと勘違いする人がいるかもしれないんだけど、アタシ、猫の言葉がだいたいわかるんです。



なんか、ずっと猫と一緒に生活してきたからフツーにわかるようになりました(高校留年するくらい家でコロッケと一緒の時間すごしたし)。


たいがいアタシがコロッケ(実家の飼い猫)に話しかけると『大好きだよ』て言ってくれます。



そんなアタシだから、犬の言葉がわかるのも時間の問題だったのかもしれません。



アタシって罪な女だな、て思いました。



でも、家に帰って同居してる友達からイロイロ話しかけられて、言ってる意味がぜんぜんわかんなかったから、犬や猫と話せるようになると、人と話せなくなるんだと気づいた。


アタシが明け方から玄関のところであばれてた、とか意味不明だったし。



なんか、言葉の壁(?)を感じた。



あと、友達の誕生日会が夜あったんだけど、そんな状態だったから、けっこうヒドイ勘違いをしたりされたりで、悲惨だった。



とりあえず、残念な人だと勘違いされて悔しかったから、来年の誕生日会は行くのやめようって思った・・・。



またね?



※なんか、書いたあと、読み返したら文的におかしな書き方してたから、ヤバい人みたいなっちゃったけど、書きなおすのめんどくさいから、そのままにしておきます。

だから、これ読んで、アタシのことヤバい人とか勘違いしないでください。

わかった?