riri_kawaseの日記。

明日もあなたが幸せでありますように・・・。

今度はちゃんと謝るよ・・・。

・・・これはウソのお話です。だから、気にしないでください。





ずいぶんまえからそこにいたのに、まったく気づかなかったよ。


昨日、お母さんから、あんたのことを聞いたよ。


すごいビックリした・・・。


幼稚園、おんなじだったよね。


いつも二人で走り回って、よく怒られたよね。


この前・・・って言っても一年くらいまえだけど、私とあんたの足跡見つけたよ。


覚えてる?


幼稚園の頃、チカのお店の前で工事やってた時に、二人で塗り立ての地面をふんで、足跡作ったよね?


チカのお店はとっくの昔に閉店したし、チカも関西のほうに引っ越したよ。


でも、お店はそのまま空き家になっているし、アタシとあんたの足跡も、そのまんま残っていたよ。


小学生くらいまでは、ケンカもしたけど仲良くやってたよね?


私は、性格がけっこうキツいから、言いすぎた(?)かもしれない。


それに、ぜんぜん謝らなかったね。


それは、ごめん・・・。


中学になってからは、ほとんど遊ばなくなっちゃったね。

キライになったからじゃないよ?


私もイロイロあって、ほとんど学校休んでいたじゃん?


だから、たまに学校行って、あんたが一人でいたのは気づいていたけど、大変なことになっているなんて、知らなかったし。


たしか『死にたいよ』とか、言ってたから『はやく勇気だしな?』て応援しちゃっていたね・・・。


あれで勇気をだしたの?


ちがうよね?


・・・高校は別々だったし、私は自分のことで精いっぱいだったから、あんたのことなんて昨日まで忘れていたよ。


だから、あんたがあのマンションの前の花束になっているなんて、知らなかったよ。


何があったのか、よくわかんないけど、あの花束があんただったから、すごいビックリしたよ。


f:id:riri_kawase:20170710110935j:plain


もう、体もないし、名前もないのかもしれない。


でも、私はまだ覚えているし、二人の足跡は今もあのままだから。


あの足跡を見るたびに、私は思い出すよ。


とりあえず、もう少しだけ、天国で待っててね?


今度あったら、ちゃんと謝るよ。


『今回だけは、アタシが悪かったよ。ごめんね』て。