riri_kawaseの日記。

明日もあなたが幸せでありますように・・・。

『サヨナラ』してから気づくこと。

まだ、私が実家にいた頃、私はよく実家の近所にある軽食屋さんに行きました。



そこは、いつ行ってもガラガラで、お客さんは、私一人ってことがほとんどでした。



省エネ(?)なのか、お店の中はいつも薄暗かった。



お店のおじさんは、いつもやる気なさそうに、なんか、分厚い本に夢中で、注文したくて呼んでもなかなか来なくて、やっときたと思ったら、そのままお店の外にでて行って、戻らないこともありました。



場所も駅から離れているし、住宅街の中にかくれるようにある秘密基地みたいな軽食屋さん。



そんな軽食屋さんに私がかよっていたのは、なんか、居心地がよかったから。



自分だけの場所。



自分の部屋。



自分の家。


私はけっこう悩みが多くて、一人になりたい時がすごいある。



だから、誰もいないこの軽食屋さんがちょうどよかった。



お母さんとの関係や高校のこと、難病やYahoo!知恵袋のおばさんたちのこと、考えることがたくさんあった。



だから、いつも、そこにいた。



雨の日も、雪の日も、風が強い日も、晴れた日も、私は学校休んでそこにいた。



なんか、自分の世界がいつもそこにあった。



その世界が来週末になくなってしまうことを、アタシはさっき知った。



閉店・・・。



お店のドアに貼られた紙見てビックリした。



なんで、閉店なの?て思ったけど、よく考えたら、誰もこないからだと気づいた。



私の好きな店は、けっこう閉店することがおおい。



みんなガラガラで、ゆっくりできるから好きなのに、そういうお店は閉店する・・・。



もう、行けなくなるってわかってから、あの場所が自分には必要だったんだって気づいた。



もう遅いけど、引っ越さないで、もう少し通っていればよかったと思ったし。



だから、今、久しぶりにお店にきて、書いてみた。



あいかわらず、おじさんはやる気がないし、うす暗い。


窓のところにはいつも通り、サボテンとか意味不明なコアラのぬいぐるみが置いてある。



なんにも変わらない私の場所がなくなってしまう。



たぶん、今日が最後。



だから、ココでまた書いてみた。



『ありがとうございました。』て言いたくて。



またね。