riri_kawaseの日記。

明日もあなたが幸せでありますように・・・。

たんなる戯れ言。

最近、私の中のリセット機能がとんでもないことになっている。


今は、夜勤で朝帰りして昼間休んで夕方起きる不規則な生活だから、よけいに悪化したんだと思う。


いつの間にかスマホ片手に、意味不明な場所で倒れて眠っていて、気づくとココはどこ?みたいな状態。


昼なのか夜なのか、外を見ないとわかんないし、外を見ても曇っていたらわかんないし、そもそも何曜日なのかも知らない状態。


なんか、起きてから着信あったの気づいて電話したら、さっき電話したとか言われて意味不明なことになるし。


寝てるからアタシ電話してないし。


こういうこと言うとヤバい人みたいに思われるかもしれないけど、いつの間にか出かけたようなあとがたまにある。


どこに行ってたの?てなるけど、とりあえず家に帰ってきてるし、私は眠って休んでいたから、あんま気にしないことにしている。


でも、たまに、なんか、イロイロな景色(記憶)が頭の中を流れだして、寒気がする。


流れる景色・・・


車の助手席にいる私。


私たちが向かった先はどこかの山。


ロープウェイ(?)があるような山。


山のふもとの駐車場に車は止まり、私だけがフラフラ歩きだす。


長い長い坂道。


細かい雨が降っているけれど、気にしないでカサもささずに歩きつづける私。


伊達眼鏡も髪も靴もぬれてくる。


長い坂道を歩いているのは私だけ。


この時期に歩く人はめったにいない。


それを知っていて歩く私。


どこか遠くで鳥の鳴く声がきこえて、それをあいずに私はガードレールをまたぐ。


歩道からはずれて、道なんかない林の中をドンドン歩きだす。


地面の草や葉っぱをぐちゃぐちゃ踏みながら、どこかへ目指す私。


そこはちょっとだけひらけた秘密の場所。


見覚えのある景色。


私、ココ何度目だろう?


何度も来てるから見覚えがあるんだろう。


ひらけたその場所の真ん中よりも少し後ろに、変に斜めにのびた木が一本ある。


私はその木まできて、ゆっくりまわりを見わたす。


誰もいない。


誰もこない。


きっと、みんなが忘れている場所。


そこで、じっとしてしばらくしてから、私は戻りはじめる。


流れる景色はいつも不自然にそこで消える。


夢?小さい頃に見た景色?


わからないけれど、なんか、急に流れだすその景色に私は怖くなる。


いつ行っているんだろう?


不思議に思いながら、今、とりあえず仕事終えて、駅前のベンチに座って戯れ言を書いてみたよ。


またね?