riri_kawaseの日記。

明日もあなたが幸せでありますように・・・。

カラフルな住宅街。

夜の町を歩いていると突然とびだす言葉たち。


楽しかった記憶。


・・・と一緒にいたあの頃。


真っ暗な夜道がカラフルになってチカチカしだす。


f:id:riri_kawase:20170824210347j:plain


外灯のまわりを飛んでいる虫たちがいう。


『今日は幸せな夜』の言葉。


まったくの無音の住宅街に音楽が響きわたる。


私にだけ聴こえる音楽。


たくさんの人があらわれて私に話しかけてくる。


みんな私の友達。


楽しくてなって一緒になって笑いだす。


まるでお祭りみたいな気分。


まるでお正月みたいな気分。


まるで誕生日みたいな気分。


理由もわからず幸せを感じる時間。


どうして急に幸せになるんだろう?なんて、考えない。


考えない。


なんにも考えないで幸せを貪る私。


・・・その時は急にはじまり、急に終わる。


気づくといつものつまらない住宅街。


もうどこにも幸せな面影もカラフルな世界もない。


フツーの住宅街。


f:id:riri_kawase:20170824210420j:plain


幸せをつぶやく虫も楽しい友達もいない。


ここはフツーの住宅街。


無音の住宅街を私は笑いながら歩いていた。


あたりを見渡してから、ゆっくり歩きだす私。


私は大丈夫、て自分に言いながら・・・。


おしまい。